【2023年】甘栗・むき栗 おすすめ【7選】

食品

やさしい甘みが感じられるホクホクとした食感の甘栗。旨みが凝縮された焼き栗だけでなく、レトルトパウチの剥きタイプも広範に販売されており、手軽に楽しむことができるスナックとして注目を浴びています。栄養価が豊富で、ホクホクとした食感があり、優しい風味を楽しむことができる甘栗。本場中国の天津甘栗だけでなく、東京土産としても人気のある高級甘栗や、コスパの良い手頃な価格で楽しめる業務用甘栗などが取り揃えられています。

この記事では、甘栗を選ぶ際の要点とおすすめ商品を紹介しています。
通販を通じて、手軽に秋の味わいを楽しむことができる美味しい甘栗を試してみましょう!

甘栗の「旬」はいつ頃?

栗の旬は9月から10月にかけてです。おいしさを満喫できる期間は11月から1月まで続きます。
しかしながら、近年の技術進化とメーカーの努力により、一年を通じて美味しい栗を楽しむことが可能になりました。秋の代表的な味わい、栗を季節問わずに試してみることをお薦めします!

甘栗の選び方

ホクホクな食感と優しい甘さで、子どもからお年寄りまで広く愛されているのが「甘栗」です。香ばしい焼き栗やレトルトパウチの剥き栗など、さまざまな種類が市場に並んでいます。手軽に楽しめるため、軽いお腹が空いた時やダイエット中のスナックとしてもぴったりです。
この記事では、自然の甘さを最大限に楽しむための選び方についてご紹介します。

①殻付き、殻なし

甘栗には、殻がついた「殻付き甘栗」と、殻と渋皮が剥かれた「むき甘栗」という2つのタイプが存在します。
殻付き甘栗は、食べる際に殻を剥く手間が発生しますが、その代わりに炒りたての香りや栗の本来の風味を存分に楽しむことができます。
一方で、むき甘栗は殻を剥く手間が不要で、手軽に食べられる特徴を持っています。レトルトパウチに詰められた食べごたえのあるサイズの商品も多く存在し、軽いお腹が空いたときや、子供向けのおやつとしても非常に適しています。

②品質にもこだわる

甘栗を購入する際に留意すべき重要な要素の一つは、どの地域で育てられ、どのように加工されたかという品質に関わる情報です。品質にこだわる際には確認すべきポイントとなります。

甘栗に使用される栗のほとんどは中国産であり、国内産や他国の海外産はわずかです。国内産の栗を使用した甘栗は、取り扱いが少なく、価格も高めですが、輸入食品に抵抗がない方にとっては魅力的な選択肢です。もし産地にこだわる場合は、国内産の日本栗やオーガニックの商品を選ぶこともお考えください。最近では、日本の農林水産省が定めた有機JAS認定を受けた栗を使用した商品も増えており、ぜひこれらの選択肢も検討してみることをお勧めします。

仕入れ先、加工に関する内容にも気を付けて

特に輸入品の場合、信頼できる製造業者の製品を選択することが重要です。優れた品質の甘栗を手に入れるためには、各メーカーの公式ウェブサイトなどで供給源や製造過程の情報が適切に提供されているかを確認してみましょう。信頼性のあるメーカーは、慎重に選りすぐられた高品質の甘栗を調達し、厳格な品質管理や製造手順を実施しています。単にコストだけでなく、メーカーの公式サイトなどを比較検討してみてください。

③サイズ・容量

市販の甘栗は、食べる人数や用途に応じて、食べきりの小さなサイズから大容量まで幅広い選択肢があります。内容量は検討し、選ぶ際に考慮しましょう。甘栗は一度袋を開封すると、すぐに劣化が始まるため、できるだけ早く消費できるサイズを選ぶことをおすすめします。

大容量であっても、小分けにされている商品であれば、より便利かもしれません。

④賞味期限も必ずチェック

多くの殻付き甘栗は保存料を使用していないため、賞味期限が比較的短いです。商品によって差異はありますが、おおよそ5日前後となっています。時間が経過するにつれて、炒りたての香ばしさや風味が薄れていくため、賞味期限内であってもできるだけ早めに食べることをおすすめします。

対照的に、むき甘栗がレトルトパウチに入っている場合は、賞味期限が長いのが特徴です。長期保存が可能なため、長期保存に便利です。

甘栗のおすすめ商品

木村 有機むき甘栗

おすすめポイント
保存料不使用・無着色で、自然の甘み、素材そのままの美味しさにこだわった有機むき甘栗です。
むき甘栗なので、そのままお召し上がり頂けます。

有機JAS認証 オーガニック焼まろん 比沙家

おすすめポイント
大きな栗を圧力釜でほくほくと蒸し焼きに仕上げました。 比沙家が提供する、こだわりの新しい食感。自然の甘みが詰まった大きな栗です。

有機天津むき甘栗

おすすめポイント
食べきりサイズの小袋に詰まった有機天津むき甘栗です。大粒の完熟丸粒栗が1パックに約6粒前後入っています。しっとりとしてホクホクとした食感で、軽いお腹が空いたときにも最適です。ぜひ一度お試しください!

岡三食品 おいしいむき甘栗

おすすめポイント
国内で加工されているため、安心してお召し上がりいただけます。 使用しているのは有機栽培で育てられた栗のみです(有機JAS認定商品)。 自然の甘みをそのままに、ほっくりと焼き上げました。

クラシエフーズ 甘栗むいちゃいました

おすすめポイント
有機JASの基準に従って加工された商品です。時間と温度にこだわった石焼き焙煎により、自然な甘さをゆっくりと引き出し、香ばしくホクホクした味わいが得られます。独自のレトルト加工方法を採用しているため、焼きたての風味を楽しむことができます。

天津甘栗 【徳用袋】

おすすめポイント
栗の産地である河北省から独自の経路で直接仕入れた栗を厳選し、受注後に特殊な製法で香ばしく焼き上げ、その焼きたての甘栗の素朴な甘さと風味を丸ごとお届けいたします。袋を開封すると、天津甘栗特有の香ばしい香りが広がります。伝統的な味わいを持つ老舗ならではの味を、ぜひご堪能ください。

紫禁城天津甘栗

おすすめポイント
中国の河北省に位置する栗の産地、特に青龍県で育った有機栽培の栗を使用しています。当社独自の氷温保管法を用いて熟成させています。この地域で収穫される栗は、実がしっかりと硬く詰まっており、甘味があり、高品質と評価されています。

殻つき甘栗の保存方法

甘栗を余った場合のおすすめの保存方法をご紹介します。

殻付きの甘栗は、そのままでは長期間の保存が難しい特性があります。密閉性の高い袋や容器に入れて、冷凍保存することをおすすめします。保存期間が長引くと硬くなることがありますが、数ヶ月なら美味しい状態を維持することができるでしょう。また、自然解凍でも食べることはできますが、オーブンやレンジを使用して温めると、ホクホク感が増してより一層美味しく楽しむことができます。

好みの甘栗を探してみよう!

この記事では、甘栗の選び方とおすすめ商品についてご紹介しました。いかがでしたでしたか?

ほっくりとした美味しさを持つ甘栗は、子供からお年寄りまで幅広い世代に愛されるおやつです。焼き立ての香ばしさを楽しむ場合は殻付き甘栗を、手軽にいつでも味わいたい時はむき甘栗を選ぶことができます。必要に応じて両者を上手に使い分けることもおすすめです。ただし、殻付き甘栗は賞味期限が限られているため、食べきれる量を選ぶことが重要です。

秋の味覚である、栗。
ぜひ様々な種類の甘栗を試してみて、お気に入りの一品を見つけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました