【2023年】オーブントースターのおすすめ【7選】

家電

幅広い調理シーンで実用的な役割を果たす「オーブントースター」は、料理の調理からパンの焼き上げに至るまで幅広い用途で利用可能な調理器具です。洗練されたデザインを持つモデルからシンプルな機能に特化したモデル、そしてスイーツ作りに適したモデルまで、多様なタイプのオーブントースターが販売されています。

今回は、おすすめのオーブントースターをご紹介いたします。異なるモデルの特徴や、注意すべきポイント、おすすめの製造メーカーについても詳しく解説いたします。これから、オーブントースターの購入を検討される方は、ぜひ参考にしてみてください。

オーブントースターの種類

パンの調理に特化した熱源を備えた調理器具である「トースター」には、いくつかの異なるタイプが存在します。その中でも最も普及しているのが、食パンなどの材料を内部に配置し、内蔵のヒーターによって加熱される「オーブン式」トースターです。通常は「オーブントースター」とも呼ばれます。このタイプのトースターは、パンを焼くだけでなく、高温のヒーターを利用してグラタンなどの料理も調理することができるメリットがあります。

他にも、ハムや卵などの食材をパンで挟んでトーストしたい場合に適した「ホットサンドメーカー」という選択肢も存在します。

オーブントースター

オーブントースターは、その名の通り、トースターにオーブン機能が組み込まれた調理機器を指します。これにより、単にパンを焼くだけでなく、食パン以外の様々な種類のパンや肉、野菜などを加熱して調理することが可能です。食材の温めることだけでなく、高い熱を利用して焼き目を付けるのにも適しています。

多くのモデルは、温度調整やタイマーの設定などに対応しており、適切な条件で調理を行えるように工夫されています。さらに、様々な料理に適した調理モードを提供する便利な機能を備えたモデルも販売されており、幅広いレシピに対応することができます。

ポップアップ式トースター

ポップアップ式トースターは、縦方向に食パンをセットして両面を同時に焼くことができるトースターの一種です。このタイプのトースターは、熱源と食パンの距離が近いため、水分が逃げにくく、短時間で均一に焼き上げることが容易です。また、複数のスリムなモデルが存在し、限られたスペースのあるキッチンでも問題なく利用することができます。

しかし、このトースターの特性ゆえ、食パンを縦にセットする形態となるため、具材をのせるなどのアレンジが難しい側面があります。さらに、広範な調理に対応できるオーブントースターと異なり、ポップアップ式トースターは主にトーストの調理に特化した機種が多いことも考慮すべきデメリットです。

ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカーは、パンと具材を挟んで手軽にホットサンドを調理するための道具です。一般的なトーストと比較して、多様な具材を利用して創意に富んだアレンジレシピを実現できる点が、このメーカーの特徴です。

電気を利用した電気式のものだけでなく、ガスコンロで直接火を使って調理する直火式も存在します。もしオーブントースターのような効果を求める場合は、電気式のホットサンドメーカーを選ぶことがおすすめです。

オーブントースターの選び方

同時に焼けるパンの枚数をチェック

オーブントースターを選択する際には、内部の容積も適切に確認することが重要です。モデルによって、一度に調理可能なパンの枚数が異なるため、この点に留意が必要です。一般的なオーブントースターの内部寸法では、おおよそ2枚前後のパンが同時に調理可能であり、ワイドなモデルでは最大4枚のパンを同時に調理できます。

単身の生活環境にオーブントースターを導入する場合、2枚同時調理可能なモデルでも十分に便益を得ることができます。一方で、4枚同時に調理できるオーブントースターは、複数人の家族構成で暮らす方々にとって有用であり、パンの出し入れを繰り返す手間を削減できる点が特長です。

調理モード

オーブントースターには、調理方法や特定のメニューに適したモードが内蔵されているケースもあるため、これらの点を確認することが大切です。一部のモデルには、トーストの焼き加減を最適化するためのモードや、トーストに独自のアレンジを加えるための機能が備わっていることもあります。

焼く機能にとどまらず、蒸したり煮たり発酵させたりすることができる多機能なモデルもおすすめです。これにより、1台のオーブントースターで多岐にわたる調理を実行することが可能であり、料理のバリエーションを手軽に広げることができます。

加熱方式

スチーム

スチームタイプのオーブントースターは、食材の水分を保持しつつ調理が行える特長があります。加熱の前にわずかな水を専用のタンクに充填するだけで、調理中に内部空間をスチームで充満させることができ、パンの表面を微細な水膜で被覆しながら素早く加熱することができます。

この仕組みによって、表面の焼き上げを効果的に行いつつ、内部の水分を保持しやすい状態を保つため、ふっくらとした仕上がりが可能です。さらに、内部の油脂成分やバターなどの素材も維持しやすく、パン固有の風味をしっかりと楽しむことができます。

過熱水蒸気

過熱水蒸気対応のオーブントースターは、水蒸気を100℃を超える高温で発生させ、この高温の気体を食材の焼成に利用します。この方法では、高温の気体をオーブントースター内部に充満させ、食材を直接的に加熱する手法を採用しており、これがスチーム方式との異なる特徴です。

食材を包み込むように焼き上げる特性があり、同時に食材に水分を供給しながら調理することが可能です。これにより、トーストを焼く際に外側をカリッと、内部をもちもちとした食感に仕上げることができます。

コンベクション

コンベクションは、内部に組み込まれたファンを使用して熱風を循環させて加熱する方法を指します。この方法により、熱風がオーブントースター内部全体に均一に行き渡るため、焼きムラが発生しにくく、焦げや生焼けなどの調理上の問題を軽減することができます。また、予熱に必要な時間も短縮され、素早い調理が行える点も特徴です。

オーブントースターにおいて、コンベクション方式はトーストなどの定番料理に限らず、大きな肉や厚みのある食材の調理にも適しています。さらに、ノンフライの調理やスイーツ作りなど、幅広い用途で活用することができます。

メンテナンス方法

手入れの容易さも、検討すべき重要なポイントです。多くの製品は、本体の下部に取り外し可能なパンくず受けトレイを装備していますが、さらに清潔性を保つために、取り外して洗浄可能なドアを採用したモデルも存在します。オーブントースターは食材に直接触れる調理器具であるため、こまめなメンテナンスが必要です。

おすすめオーブントースター【7選】

象印マホービン トースター オーブントースター STAN.

おすすめポイント

  • パン好きにうれしい機能が充実した9つの「マイコン自動コース」
  • 外はサクっと、中はふんわりとした絶妙な食感のトーストに仕上げる!「サクふわトースト」コース
  • 冷凍した食パンも外はサクッと、中はふんわりとした絶妙な食感のトーストに仕上げる!「冷凍サクふわトースト」コース
  • 上手に焼き上げができる「冷凍クロワッサン生地焼き上げ」コース

タイガー魔法瓶「やきたて KAM-S131」

おすすめポイント

内部のオーブントースターには、上部に1本、下部に2本のヒーターを配置しています。このうち、上部ヒーターには、食材をこんがりと香ばしく、かつふっくらと加熱するための黒遠赤ヒーターを使用しています。このトリプルヒーターシステムは、優れた加熱バランスを持ち、外側はサクサク、内側はふわっとしたトーストを実現します。

庫内は幅約30cm確保され、食パンを3枚同時にセットできます。広いガラス面を備えることで、庫内の状態を一目で確認できる使いやすさも特徴のひとつです。温度は80℃から250℃まで無段階で調節可能であり、最大30分の長時間タイマーも装備されています。また、深皿での調理やホイル焼きにも適しており、食材がこびりつきにくいシリコン加工の深皿調理トレイもセットに含まれています。

このオーブントースターは、トースト作りだけでなく、幅広い調理や温めの用途に適しており、使い勝手にも優れた一台と言えます。

Aladdin (アラジン) グラファイト トースター

おすすめポイント

この製品の最大の特長は、わずか0.2秒で発熱する「遠赤グラファイト」が組み込まれていることです。この特殊な素材を利用することで、庫内を瞬時に高温に加熱し、外側はカリッと、内側は水分を保持したままでモチモチとした食感のトーストを完成させます。また、添付されている焼き網がメッシュ網に改良され、トーストの裏面の焼きムラが改善されています。温度の設定範囲は100℃から280℃まで広く、天ぷらや唐揚げなどの揚げ物の再加熱にも適しており、余分な脂を除きつつ、揚げたてのようなサクサクとした食感を再現します。

バルミューダ「BALMUDA The Toaster K05A」

おすすめポイント

上下に1本ずつヒーターを装備するシンプルなデザインを採用していますが、その背後には、徹底的なおいしさを実現するために独自に開発されたテクノロジーが隠されています。特筆すべきは、水を5cc投入して高温のスチームを最初に発生させる手法です。これにより、パンの表面を焼いた後も内部の水分を閉じ込め、その後、庫内の温度を3段階で自動的に制御することで、パンの内部をしっかりとふっくらと加熱するメカニズムが構築されています。このスチーム技術と温度管理の組み合わせにより、洗練されたトーストの完成が実現されるのです。

アイリスオーヤマ「SOT-401」

おすすめポイント

パンの内部の水分量を適切に保持しつつ、カーボンヒーターの高い放熱を用いてパンの表面を効率的に焼き上げる手法を採用することにより、内部はもっちりとし、外部は軽快な食感を持つトーストを製造します。温度設定は100℃から280℃までの範囲で無段階に変更でき、15分のタイマーが備わっており、これによってグラタン、アヒージョ、クッキーなどの焼き菓子の調理も可能です。

パナソニック「ビストロ NT-D700」

おすすめポイント

上部には遠赤外線ヒーターと近赤外線ヒーターが1本ずつ、そして下部には遠赤外線ヒーターが1本配置されており、オートメニュー機能によってこの「遠近トリプルヒーター」は個別に制御され、食品の種類に応じて焼き加減が自動的に調整されます。通常のトーストはもちろん、厚切りの食パンなどを冷凍した場合でも、中央部まで均一に熱々に焼き上げることができます。更に、予熱の必要がないオーブン機能も装備されており、カップケーキやクッキーなどのお菓子作りにも適しています。

日立「HMO-F300」

おすすめポイント

循環ファンと遠赤外線ヒーターを組み合わせて利用し、熱風の対流を促進し、食材を包み込むように焼き上げる仕組みを備えたコンベクションオーブンです。そのため、通常のトーストにとどまらず、冷凍パンもムラなく中まで均一に焼き上げることが可能です。オーブン調理においてはもちろん、油を使用しないノンフライ調理や、5時間のタイマーを使用してゆっくりと加熱する低温調理など、幅広い調理法に適した設計となっています。さらに、上ヒーターのみ、下ヒーターのみ、上下ヒーター、または上下ヒーター+ファンといった、4つの加熱方法から選択できます。温度の設定は40℃から250℃までの9段階で可能であり、16種類のオートメニューも用意されています。

まとめ

オーブントースター市場には、トースト専用のモデルだけでなく、多岐にわたる調理に適したモデルも存在しています。トーストを美味しく楽しみたい人々にとってはもちろんのこと、料理の幅を広げたい方々にもお勧めできる多目的なアイテムです。本記事を参考にしながら、自身にマッチする製品を選び出してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました